歯のケアにあたり、私はホワイトニングしか行ってきませんでした。健康な歯といえば、真っ白なものという印象があったからです。しかし、それだけでは意味がありませんでした。見た目が白くなっても、歯そのものを弱めていることには気付いていなかったのです。本来は歯茎もケアするべきなのですが、そこへ気が向かなかったのです。表面を白くすることだけに固執して、口内に負担がかかり、歯茎が弱ってしまっていて、冷えた飲み物などを口にした際に、歯茎にしみるほどになってしまいました。また、歯並びの矯正もしておけばよかったと今は思います。歯科矯正の技術が上がったとはいえ、まだ痛みはあり、瞬間的なものと継続的なものがあるので、それぞれの性質を知っておきましょう。瞬間的な痛みの方が、その時の苦痛としては強いですが、心情的にキツイのは継続的な痛みのほうですよね。歯を動かしていくたびに少しずつ生じる痛みや、使っている器具によっては、口の中の粘膜を傷付け、小さな傷が飲み物などで沁みたりします。一年以上も続くこの痛みに堪えなければ矯正はできませんから、そうした苦痛に耐える自信がない方には、無理して歯科矯正を受けることは勧められません。子供は大人と比べて歯列矯正がずっと容易だと言われていますが、大人になってから治すのは大変だから、と言われ、よく検討しない内に歯科矯正を決断するのには危険もあり、あまり勧められません。中には、歯医者さんから勧められて決断してしまう方もいますが、成長期の途上にある子供の場合、成長に伴って、ひとりでに綺麗な歯並びになることもあります。しきりに歯科で勧めてくる場合、矯正が必要な根拠を詳しく教えてもらうことは必須といえるでしょう。歯を綺麗にする施術としては、ホワイトニングやクリーニングが知られていますが、綺麗な白い歯がほしいという美容目的で主に受けるのがホワイトニングです。特に煙草を吸う方でなくても、歯は日々の食事などで日々黄ばんでくるものですが、ホワイトニングを利用すれば、歯を元のように白くすることができます。これに対して、クリーニングは、歯周病などの原因となる歯の汚れを落とすもので、ホワイトニングよりも医療寄りの行為ということになります。さらに、歯の見た目を改善するには歯科矯正というものもあり、これには噛み合わせを良くし、顎の負担などを改善するという優れた点がありますから、こちらも合わせて検討するといいでしょう。近年また話題になっている歯科矯正ですが、これは、歯に装着したブラケットなどの器具により、あるべき形に歯並びを矯正していくという、時間のかかる治療です。むろん、歯に負担がかかるほどの負荷というわけではないですが、瞬間的に生じる痛みや、持続的な痛みに悩まされる方も多いです。慣れればどうということはありませんが、ずっと改善しないという場合は、まあいいかと放っておくのではなく歯科で相談してください。歯を手軽に綺麗にできるホワイトニング。その方法には、必ずしも歯科に通院して受けるものばかりではなく、自宅で空いた時間を使って自分で行えるものがあります。しかし、十分な時間を確保できない場合などでは、歯医者さんで行う場合と比べて効果が実感できずに終わるという可能性もあります。ところで、歯科で歯列の矯正を受けている最中の人は、歯のホワイトニングを行うことができないと思われがちですが、歯の状況などによっては、方法を工夫すれば同時にホワイトニングを進めるのも不可能ではないのです。よく、歯科矯正で口内炎ができるという話を聞きます。矯正を始めて間もない間は、口内炎に苦しめられる方が多いのは本当です。器具の金属部分が口腔内に干渉して傷が付いてしまい、結果、口内炎になるわけです。そうした痛みを軽減するワックスも歯科医院で取り扱っています。また、日頃の歯磨きなどの口内ケアも避けては通れませんね。子供の矯正治療の話ですが、ふたりの娘たちに歯並びの矯正させることに決めました。費用についてですが、上の娘がだいたい80万円くらいだったと思います。それに、下の子は治療本数が少なく60万くらいでした。世間では70万から100万ほどかかるのが一般的だと言われますし、個人的に、歯科矯正して、口元が整っていると全体的に容姿が良く見えると十分理解してましたから、代金が高額でも気にしませんでした。忙しい日常においては、矯正治療を受けようと思っても通院回数が多いのではないかと気にされる方も多いでしょう。矯正後、週一回の頻度で通院してくださいと言われたとしてもはっきり言って難しいと感じる方も多いと思います。殆どの歯科矯正では、矯正器具の装着までが大切で、後の治療は、きちんと清潔に出来ているかが主な治療内容になっていくでしょう。普段から歯磨きをしっかりしていて、口内のケアを欠かさない方ならば通院頻度を減らすことが出来ると思いますから、担当の歯科医に尋ねてみることをお勧めします。歯列を矯正していると、食べ物が噛みにくくなっており、結果的に体重が落ちてしまう方もいるようです。あるいは、矯正治療の終了後、逆に太ってしまうという方もいます。矯正中に我慢していた分、食欲の歯止めが効かなくなるということも、ままあるようです。綺麗な口元になれた場合でも、太ってしまっては勿体無いので、矯正中や矯正後の食事の管理にも注意を払いましょう。私は食事の度に歯ブラシで歯を磨かなければ気が済まず、いつも5分から10分くらい歯磨きをしている気がします。どうしてもそのくらい磨かなければ落ち着かないので、なかなか外食できなくなってしまいました。ですが、最近になってやっと、歯磨きに代わってマウスウォッシュを使うことにしたので、だいぶ気が楽になりました。ホワイトニングは誰もが行うべきだと思います。大人である以上、周囲への配慮は大切ですから。それと、綺麗な歯にするためには、歯科矯正を受けて歯並びを直すことも有効だと思います。多くの歯科矯正では歪んだ歯に直に器具を装着しますので、それまで通りの歯磨きでは食べものの欠片が溜まってしまいがちです。こうした汚れは虫歯や口臭を引き起こす可能性があります。ですから何かを口にしたら、必ず歯磨きをする習慣を付けましょう。具体的な磨き方ですが、手間を惜しまず一本ずつきちんと磨ききることです。ですが、強くゴシゴシと磨いてしまうと毛先が曲がってしまって逆効果です。最近話題になっているホワイトニングは、手軽な手段で憧れの白い歯をゲットできるという点が特に若い女性にとっては魅力的なのでしょう。ですが、生活習慣や体質によっては、あまり効果を実感できないケースも有り得ます。また、白さの出方がケースバイケースだというのも難点と言えるでしょう。「芸能人は歯が命」ではないですが、歯は美容の大事なポイントなので、美容目的の施術に長けた、審美歯科を利用し、自分の希望を伝え、適切な治療法を考えてもらうのがいいでしょう。さらに、歯並びが気になる方は、歯科矯正も受けるといいでしょう。綺麗な歯を実現する歯科矯正やホワイトニングといった治療は、どこで受けるかによって医療費が大きく違ってきます。歯の状態や、着色の原因によっても治療の手順が変わりますから、やり方によっては治療費が高額になることもあります。歯科の方針によっても費用は大きく変わりますので、中には思わぬ高さになることもあるでしょうから、十分気を付ける必要があります。後でびっくりしないためにも、治療前の段階で必ず費用をチェックしておくことをお勧めします。ホワイトニングも万全ではありません。綺麗な白い色が出なかったり、一部だけが白くなってムラができてしまうケースもあります。歯の状態や、日々の食事や喫煙習慣など、人によってさまざまな原因がありえます。しかし、その場合でも、時間をかけて歯科医の指導のもと、反復的に施術をしていけば効果は得られます。これだけに限った話ではないですが、憧れの綺麗な歯を実現するまでの時間は個人差が大きいということですね。美人は口元で決まると言われていますね。歯並びが悪ければ、なんだか全体の印象まで下がってしまいます。そのため、歯科矯正を考える人も多いわけですが、治療費はどのくらい必要なのでしょうか。患者さん一人一人の状況に応じて手法や治療期間も変わるため、必要な金額も大きく変動してくるという事情もあるのです。状況に応じて治療に必要な期間や手法が変わりますから、まずは歯医者さんで相談してみるのが確実だといえます。歯のホワイトニングの利用を検討するとき、どこのクリニックで受けるか、初めての方にはお悩みもあるかと思います。一つ重要なアドバイスを差し上げます。最近は、一般歯科でもホワイトニングできる場合が多いですが、そういった施術を専門としている審美歯科を利用することをお勧めします。ホワイトニングの扱いに長けていますから、着色の原因から分析して、歯を美しくすることを第一に考えた治療を行ってくれます。また、ホワイトニングの他にも、歯科矯正やインプラントでもその道の専門医を頼ることが最も安心といえます。煙草が手放せず、どうしても歯の黄ばみが取れない、といった悩みには、まずはホワイトニングをお勧めします。憧れの白い歯を短期間でゲットするには、まさに最良の手段です。喫煙の他、薬の服用などによっても歯の色が変色することがありますが、歯の表面を傷付けることなく、白い歯を実現できるのが利点といえます。歯並びを直すために歯列矯正を行ったとしても、白い歯にならなければ、完全に良い印象の口元にはならないのです。電動歯ブラシも年々進化しており、最近ではホワイトニング機能を持ったものも出てきています。歯のステインを除去するという謳い文句ですが、毎日使っていると歯の表面が再生しきれないので、使い過ぎには注意してください。それに、オフィスホワイトニングのように真っ白になる訳ではないですから、これでホワイトニングが完結すると期待するとガッカリします。それと、歯並びの矯正を受けている最中の方も、磨き残しに気を付けるようにするといいですね。歯科矯正には数十万円の費用がかかります。これが海外の場合、日本よりも費用が安くて済むのかというと、よくて日本と同じくらい、むしろより高い場合の方が多いようです。例として、アメリカ合衆国で矯正を受けるとすると、保険が使えないケースもあり、5
000ドル以上の費用が実費で必要になります。皆さん知っての通り、歯科矯正は半年から一年以上かけて行っていくものです。その間、足しげく歯科医院に通い、ブラケットの位置を調整したり、異状をチェックしたりしなければなりません。外国の歯科医院は日本ほど頻繁なケアはしてくれないので、日本国内で治療を受けるのが最も良いでしょう。ケースバイケースとはいえ、歯並びの矯正を行う際には日々の痛みからは逃れられないと言われています。とはいえ、歯科分野の医療技術は日々変革を遂げていますので、今では「痛みを伴わない矯正」を謳っている歯科も多くなってきました。歯科矯正は受けたいけど痛みには耐えられなさそう、という方でも、そうした歯科にかかれば大丈夫ですね。大人になって歯並びが悪くなってきたので矯正治療をしたら、しばらくすると体調不良が続くようになりました。矯正をしてから日も浅かったため、まさか歯科矯正のせいだとは全く気づきませんでした。病院にいったところ私はかなり変わった噛み合わせをしていたらしく、矯正で歯並びを変えようとすると頭痛や肩こりとといった症状が出てしまうそうです。こうした話を歯医者が教えてくれていたらもっと慎重になったのに、歯医者の方からはそんな説明がありませんでした。歯科矯正には、器具を装着する以外にもマウスピースを使用する場合もあります。マウスピースの強みは、何と言っても目立ちにくいということでしょう。マウスピースを装着しているかは人から見て分かりにくいですし、矯正治療のやり方ではずっと装着する必要が無いものもあるそうです。こうしたものは、会社や学校では外しておいて、在宅時や眠りについている間だけつけるというのも可能なものありますから、外で知られることなく矯正治療を行えます。ホワイトニングには、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングなど色々ありますが、人体の作用を利用した施術ですから、人工の歯には効果がありません。つまり、差し歯やインプラントの人工歯の場合、自前の歯と違って、白くならないのです。天然の歯だけが白くなって、差し歯が黄色いままだと、そこだけ浮いて見えてしまうということが有り得ます。とはいえ、同じタイミングで差し歯を取り換えるなど、良い方法はあるので、歯科で聞いてみてください。せっかくなら歯科矯正も同時に受けたいと思っているなら、一般の歯科よりも、審美歯科で相談してみましょう。白くなった歯がまたすぐ汚れてしまった、という「ホワイトニング失敗談」もたまに耳にします。ホワイトニングの方法や本人の状態にもよりますが、白くなった歯がすぐまた汚れてしまうのは事実です。一番確実な方法は審美歯科で治療してもらうことですが、歯を白くする手法や原理のほか、いつまで白い歯でいられるのかなどを確認して、治療に入るという手順を踏みましょう。また、歯並びを気にしていて、歯科矯正を受けたいという場合は、双方に習熟しているクリニックを選択しましょう。歯科矯正、歯科矯正と気軽に言っていますが、その原理が実際どのようなものか知っておきましょう。矯正器具で歯に力をかけて、変な位置に生えている歯を本来の歯並びや噛み合わせに直すという手順になります。盆栽で用いられる針金掛けという手法に似ていますね。矯正装置にも色々な種類があり、基本的にはマルチブラケット、他にはホールディングアーチなどです。また、歯並びや噛み合わせの矯正後は、矯正と同じくらいの期間、リテーナー(保定装置)を付ける必要があります。実際に歯並びを良くするためにはどれほどの時間が必要になるのでしょうか。調べてみたのですが、矯正による治療方針と時間については本来の歯並びや口内環境によってかなり差があるそうです。複数の歯の歪みが歯並びの悪さの原因ということもありますし、何本を矯正するのかというようなことが大切なポイントになります。歯科矯正の治療の流れですが、虫歯の治療が必要であれば、まずそれを治します。その上で矯正の計画を立て、計画通りに矯正器具を歯に装着、定期的に通院しながら経過観察を行います。矯正方針やスケジュールによって、必要な治療の期間が分かると思います。最近は色々な手段が登場してきた歯科矯正。今日では、表面・裏面のどちらにでもワイヤーを取り付けることができます。裏に付けるタイプの場合、見た目が不細工にならない利点がある一方で、表側からの矯正よりも医療費は高くなり、また治療を行える歯科医師が少ないなどのデメリットも存在します。これに対し、表側に矯正器具を付ける場合、見た目に不恰好だという悩みはありますが、今時は透明や白のブラケットも出てきたので、目立ちづらいタイプのものを利用するケースが多くなっているようです。歯を綺麗に保つホワイトニングの作業は、歯医者さんだけでなく、自宅でも簡単にできます。まずは歯科医院でマウスピースという器具を作ってもらって、これを使って専用のジェルを歯に染み込ませていきます。マウスピースを歯科で作る工程を省き、市販のものを使って行う方法というのもあり、最近話題になっています。安い費用でできるという利点がありますし、白さを維持できる期間も、歯医者さんでのホワイトニングより長いのです。歯科矯正などとも合わせて行えば、自然な口元の美しさを実現できます。歯を綺麗にするホワイトニングには、大きく分けて、歯科で処置を受けるオフィスホワイトニングという形式と、ホームホワイトニングという、自宅で一人でできる方法があります。ですが、何度も時間をかけられないという方や、即効性を求める方は、自宅ではなく歯科医院で行う方法を推奨します。口内の状況によって差はあるとはいえ、ホームホワイトニングと違い、一度だけで十分に白さを実感できるのです。ちなみに、歯列の矯正を受ける方の中では、矯正を始める前にまずはホワイトニングを済ませてしまうという場合もあるのです。