私の友達に看護師がいるのですが退職するかしないかで迷っていると話がありました。今月彼女は結婚したのですが土日勤務で土日休みの夫と休日が合わず、一緒にいられない生活が多いそうです。出産や育児もしたいし、とはいえ、仕事を辞めるのは嫌だと考え込んでいました。実際、看護師からするとお仕事、育児の両方をしっかりとこなすのは困難な問題といえます。病院で仕事をしたいと感じていても、育児をしつつ、看護師の職責を果たそうとすると、色々な問題が生じてしまいます。育児と看護師の両立は個人による問題というより医療全ての問題として取り組むことが必要でしょう。長期間、看護師として働く場合、比較的楽だと思われているのが、外来での勤務です。人の命にかかわるということでの責任は同様ですが、夜勤の必要がない、割合に休暇がとりやすい等の理由で外来による勤務を希望する人も増加しています。平均寿命は伸びる一方でいまや超高齢化社会となりました。この状況下で需要が高い職業が看護師と介護士、医師です。全て専門知識とか技術が必要とし、楽な仕事とはいえません。3つの職業人を育てることについて国は今よりもさらに考える必要性があると思います。とても仲の良い看護師が、この前、転職をしました。けっこう楽そうな病院でしたのに、とそのわけを問うと、「とっても暇だった。もっとバリバリと働きたい」できるだけ楽な仕事が良いと思う人が多い中で、こんな風に考える人もいるのですね。看護師というのは、大変なこともたくさんある仕事ですが、続けやすい仕事であるなんていわれています。妊娠により一回休みを取ったとしても、再就職しやすい職業でしょう。ハイレベルな専門性が子育て後の復職のしやすさにつながっていると思われます。ただ、就職先に困らないといわれますが、離職の割合が高い職業です。看護師にとって負担が少ない病棟としては、採血室が代表といえます。透析や採血、献血のような特有の仕事だけを行う配属先です。献血センターなども当てはまります。同じような作業の繰り返しで採血の技術も上がりますし、人の命にかかわるような仕事もあまりありません。どの科でも採血を必要とするケースが多いので、その後、どの科に替わっても役に立つ技術です。普通、看護師に就くには、単に知識や技術のみではなく、「この業界で仕事をするんだ」というような固い意志が重要になります。やはり、専門職であるから、OLなどに比べると高収入で、働き口に困ることもないです。でも、普段はほとんど関わることのない人間の死と向き合うことになるからです。退職金に関心を持っている看護師もいるでしょう。看護婦の退職金は、国立、県立の病院なら支払い額が多いです。次に、退職金が多く支払われるのは、大学病院です。小規模な病院の場合、多くありません。夜勤が多い仕事ですから、ほとんどの人にとっていいとは言えませんが、大規模な病院の方が待遇が良好でしょう。看護師の仕事の中身は患者の治療に関することに限らず、入院患者の身辺的なサポートも業務に含まれています。ですから、医療機関の中でナースほど忙しい方はいないだろうと感じます。それだから、看護師のみあった待遇にしていただきたいものです。看護という業務は多岐にわたります。医師が問題なく診療を行えるようにサポートするというのが基本は、主なお仕事ですが、その他にも、患者さんのケアや手助けがあります。入院病棟、外来のいずれかで、業務内容に関しては異なってきます。外来よりも入院病棟のほうが仕事量が多いので、大きなストレスとなるでしょう。全国の病院等の現場では、長い間ずっと看護師が不足している状況が解消されずにいます。そのため、就職と転職に際して人材として重要な看護師は、明確な売り手市場といえます。看護師資格を所持していれば、自身の希望や適正に合った職場を比較的たやすく選択することができます。どんな職業でも、その現場にしか通じない言葉があります。仕事をスムーズに進めるためとかの訳である業界でしか通じない言葉が使用されています。医療の現場で働く方でも同じように業界用語が使用されています。例えば、心マは心臓に刺激を与える、ギネというのは婦人科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、多くの業界用語を使うのです。当たり前すぎることですけど、看護師の仕事は医療現場において重大な職務でしょう。いつも厳しい現場で激務をこなしていたら、色々な精神的負担につぶされそうになることもあるでしょう。いつだって看護師は、命にかかわる仕事についているわけで、とても強い緊張感に晒されることも日常茶飯事で、ストレスをなんとか消化させる工夫も必要になります。看護師が実力を磨いたり、医療経験を積み、能力の向上をするにはそれ相応のノウハウがあります。今の医療機関から技術の向上を図れる他の病院とか医療施設などにトラバーユするのも選択肢の1つです。他にも、最新の技術とか幅広い知識を身につけるためにも看護にちなんだ資格を取得するのも成長できる方法でしょう。結局のところ、看護師は患者さんの命を左右しかねない業務をしているため、かなり精神的に疲労します。だけど、それでいて、それほど高給ではない給料でがんばって仕事しているのです。そのような看護師の仕事に対するモチベーションを上げるために、給料を上げてほしいと感じています。病院や医療施設などで看護師が就業する時、配属先がとても重要な要素です。例えば、同じ医療施設で仕事をするケースでも配属される診療科によって、仕事の内容が大きく異なります。自分が志望していた配属先なら何もトラブルは発生しませんが、得意ではないと感じる配属先だと仕事をなかなか理解できないケースも考えられます。看護師が転職する時には履歴書をちゃんと書かなくてはいけません。履歴書を書く際には、大事な要点が少しばかりあるものです。まず、写真は過去三ヶ月以内に撮った古くない写真を使用しましょう。それと、住所や氏名などはきちんと正確に美しい字でわかりやすく丁寧に書いていくことが肝心なこととなります。すぐに、退職をする看護師はけっこうたくさんいます。ほとんど女性の現場ですから、人間関係が悪くなりやすく、辞めたところで、再就職が容易であることも影響しているのでしょう。別の仕事と比較したら看護師ならいつでも再就職できるので、望んでいる労働条件とかけ離れていたら、さっさと辞めて、別の医療機関に再就職する人も少なくはありません。世間では、看護師は取り組みがいのある仕事だと思われています。どんな仕事でも直接に人と関係することがなくなる傾向にあります。そんな中で看護師は他人と深く交わることができ、支えることができるという意味において取り組みがいがあると感じる方が多いのかもしれません。ナースは病棟の仕事仲間とどんちゃん騒ぎすることがあります。人手が足りていないので、全員参加することはあまりありませんが、都合を合わせてナース飲み会に参加します。普段言えない話も話せるので、ストレスが解消されて宴は大盛り上がりです。看護師の仕事は、すごく重要で、病院や医療施設では必要不可欠ない重要となる業務を担っているのです。とても責任の重い重要な仕事であると同時に、夜勤といった変則的な勤務形態で寝る時間が短い看護師がたくさんいます。看護師を続けるためにも健康管理にも気を付けることが必要な仕事だといえます。病院へ行くとどんどん患者さんがくるので、看護師さんは常に忙しい様子です。手際よくされていたり、大声で名前を呼んだり、患者さんに説明したりなどと、性格がしっかりしていなければ、無理なとても大変な職種だと思います。ただ、その分、やりがいがある仕事だと思いました。看護師の稼業で大変な事の一つに、夜間の勤めがあるという事があります。病院などの機関では、夜中でも患者さんの病状が急変する事もありがちです。それに備えるために多くの看護師には、夜の業務があるのです。けれども、看護師にとって夜間勤務というのは体の調子を崩しやすくなりますし、負担が大きすぎると言えるでしょう。気になる看護師の平均年収は、激務である割に、それほど高額ではないのが事実であるようです。そのため、いつもよりよい賃金を支給してくれる職場を希望して転職者が動いています。月給が良い病院は、やっぱり人気で空きが出ないため、看護師専門の転職サイトなどを使って、転職活動をしている人もいるようです。派遣で、看護師が働く時には、利益や不利益が存在します。まずは、良い部分として長期の間働く必要がなく、条件や都合に沿って自由に別の職場に変われることです。不利益な部分は昇給やボーナスがないので、長期にわたる勤務には不向きであることでしょう。看護師とは病院等の様々な医療機関で大変重要な役目を受け持っています。ですが、多くの病院や医療機関では看護師不足となっているのが現状なのです。医療現場では、深刻な看護師不足の問題を解消しておりません。今後は、ちょっとでも早くこういった問題を解決していかなくてはなりません。これまでは看護師が男性の場合に限って、士という文字が使われていました。けれども、現在は男の場合でも女の場合でも、看護師という職業に従事している人であれば、師という漢字を使用するようになっています。看護師、看護士の両方を用いていると、紛らわしく分かりにくいので、統一されたのだと考えられます。今でも、看護師は慢性的に人手が不足しています。人手の不足をどうにかするには、看護師の資格がありながら看護の仕事に就いていない人に、もう一度、看護師としての仕事に就いてもらうのが良いと感じます。ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方が可能なように、医療機関が良くない部分を改めていくことが大切です。看護師の初任給は周りが想像するほど良くありません。実際に入院してみて看護師を観察してみると、重病な患者が病院にいなければ、勤務時間内で一定の作業をするだけですが、それだけでもかなり大変です。深刻な患者が入院している場合には、いつも以上に激務となってしまい、ストレスで精神的にシンドイでしょう。